ゆっくりと寛げるクイーンベッドの選び方をレクチャーします。

家具の達人

ベッドの選び方を押さえよう

寝る人

理想のベッド

眠ることはとても重要です。そのため、どんなベッドを使うかも大きな問題となります。自分の理想を明確にしてからベッドを探していきましょう。

READ MORE
寝具

ホテルのような寝心地

ホテルのベッドは清潔で快適です。自宅でもホテルのベッドのような寝心地を実現するために大切なポイントを見ていきましょう。

READ MORE
睡眠

家族そろって眠る

家族のコミュニケーションを深めるためにもベッド選びには気をつけていきたいものです。長く利用できるベッドを探っていきます。

READ MORE

サイズがクイーン

クイーンベッドは、大きさがクイーンサイズという意味です。一般的にベッドの中で最も大きいサイズとなるのがキングサイズで、次がクイーンサイズとなります。広さがあるため大人二人がゆったりと休むことができるでしょう。

みんなの憧れベットをランキングで紹介!

no.1

ウォーターベッド

「セレブが使っているイメージがある」「一生に一度は寝てみたい」という声が多く聞かれました。ウォーターベッドは高級ですので、なかなか一般的には手が出ないアイテムといえるようです。

no.2

天蓋付き

女性からの圧倒的な支持を受けるベッドが天蓋付きのタイプです。「お姫様気分が味わえそう」「南国のヴィラリゾートみたいで憧れ」という意見が多数出てきました。

no.3

北欧デザイン

オシャレなインテリアや家具といえば、北欧デザインを挙げる人が増加しています。スタイリッシュで洗練された北欧メーカーのベッドは部屋のインテリアの主役となるはずです。

no.4

エアーベッド

室内はもちろん、キャンプなどアウトドアでも活躍するエアーベッドが注目されています。電動エアーポンプで空気を入れれば、あっという間にベッドが完成します。

no.5

二段ベッド

お子さんに人気が高いのが二段ベットです。二段ベッドは梯子で上ったり下りたりして使用しますがそれだけでワクワクするお子さんも多いとか。二段ベッドがあるだけで子供部屋が楽しくなるようです。

どのような特徴があるのか

レディ

ベッドの大きさを知っておこう!

ベッドを購入する際、気を付けておきたいのが大きさです。家具の中でも大きいものなのでスペースがしっかり確保できるのかベッドのサイズを確認しましょう。クイーンベッドのサイズは縦が2メートル、横が150から170センチが標準的になります。ただ、メーカーによってもサイズは多少変わってきますので、注意が必要です。

部屋の広さは?

大きなベッドになりますので、設置する部屋の広さが重要です。6畳サイズの部屋ではかなり窮屈になってしまいます。最低でも8畳以上の部屋に置きましょう。12畳であればゆとりがあります。

レイアウトも考えて

ベッドを設置するのは寝室になることがほとんです。寝室にはドレッサーやタンスといった家具もあるため、動線や家具の使いやすさもしっかりと考慮してレイアウトを行ないましょう。

搬入の落とし穴

住宅環境によっては、クイーンサイズのベッドなど大型家具が部屋に入らないということがあります。設置スペースだけではなく、玄関や廊下など搬入経路もしっかりと計測してから購入しましょう。

広告募集中